☆名勝負その2☆

(代表者が選ぶ名勝負)

VS  YBS

2008年5月18日

世田谷区大会3回戦

NO96

チーム123456789
TSB000213×××6
YBS1100  21×××5

1999年にチームを結成して今までいろんな試合を経験してきたが、この試合はこれからもずっと忘れない名勝負として記憶に残ると思う。こんな緊張感を草野球で味わうとは・・・試合は序盤にチャンスを潰すと流れは相手に傾いてしまった。しかし4回、同点に追いつくと5回は逆転に成功。尚もたたみ掛けたかったが相手のピッチャーの気迫に負け1点止まり。その裏、疲れの見えた姥貝がノーアウト満塁のピンチを招く。そして三塁線に転がったボテボテのあたりがホームへ悪送球になってしまい逆転を許してしまう・・・しかし尚ノーアウト2.3塁のピンチはキャッチャーフライ、そしてピッチャーライナーダブルプレー(これが大きかった)で何とか切り抜け最終回に望みを繋いだ。最終回は1.2番が出塁。3番霜田和は倒れたが、ワイルドピッチで2.3塁。4番姥貝が内野ゴロ、Fcで同点!5番斉藤も内野安打で続き逆転!尚も1点追加し最終回の守りに。しかし、すんなりと終わらないのがこの試合。先頭打者に出塁を許すとそのまま1点を奪われてしまう。最後は2アウト満塁、一打サヨナラのピンチだったが、ファーストゴロに抑え、逃げ切った。 inserted by FC2 system